バランスよく健康食を

 

バランスよく健康食を

 

どんなに体に良いと言われる野菜や肉、魚と取っても摂りすぎれば体には逆効果になります。まずバランスをとって健康を保つことを意識していますが、さらに美味しく毎日続くことが大切です。そこで、私は毎日「ネバネバ食材」と呼ばれるオクラと山芋を毎日摂っています。さらに納豆と混ぜるとバランス最高です。

 

ネバネバ食材の栄養価

ネバネバ食材は身体に良い、と言われていますが、中でもオクラは緑黄色野菜でカロテンやミネラルを豊富に含んでいます。中でもカルシウムやカリウムが多く含まれていて、牛乳や大豆食品で摂り切れない分を補うことができます。また、ペクチンやガラクタンといった食物繊維も多く、便秘を予防しコレステロールの上昇を防ぎます。血糖値のコントロールもしてくれます。免疫力も高くしてがん予防もありそうです。また、ムチン取った栄養も含まれますが、ムチンは保湿効果があります。
山芋にも、たくさんの食物繊維が含まれています。また、ビタミンB1やカルシウム、カリウムを多く含んでいます。ビタミンB1は神経伝達の働きに関与しますので、不足すると命を落とす病気になることもあります。しかし、白米を食べている人は、なかなか摂ることができません。山芋の食物繊維もコレステロールを下げて、血糖値のバランスを良くします。血糖値のバランスを良くすることは、血行も良くしますので、健康だけでなく抜け毛予防やシミしわ予防もします。
こういった栄養価の高さを知り、私はオクラや山芋を定期的に食べています。さらにオクラや山芋を食べると保湿や、血行を良くしますのでアンチエイジング効果もあるので、ネバネバ食材のオクラと山芋を食べています。

 

料理いろいろ

  同じものを食べていれば飽きてしまうのでは?と思われますが、オクラはそのままでも食べられますし、さっとゆでても簡単に食べます。弁当には、そのままサッとゆでて、入れてしまいます。きざんだものは使いきれなかったら、冷凍し冷奴のトッピング、納豆、そば、うどんのトッピングととても使いやすいです。簡単に使えて、栄養が摂れるなんて最高です。山芋も同じで、健康にいいだけでなく色々なものに利用できるので、飽きないことが長続きの理由です。

 

和食にも洋食、中華にも

 オクラや山芋はそのまま、使うことが多いですが、天ぷらにもします。フライでもおいしいです。オクラは洗ってヘタをとっててんぷら粉に入れてあげるだけ、山芋も短冊に切っり、細く切って何本かまとめて天ぷらにします。天つゆとの相性も良いですが、サクッとした食感が他の料理ともあいますので、天ぷらを揚げる時には必ず作ります。特に山芋は、お好み焼きでは生地に混ぜるイメージですが、山芋そのものを大きなままゴロゴロとお好み焼きに入れても大丈夫です。オクラと山芋はサラダでも相性が良く、パスタにも。ピザのトッピングや、八宝菜にオクラを刻んで入れる、とオクラと山芋はいろんな使いかたができます。こんなものにあうかな?と思ってみても、まず入れてください。カレーの具にも合いますよ。